もどる

妖怪要説 鬼質学紺珠

鬼質時代 足利代(Ashikaga era)

大いに進化が進んだ徳川代への様々なきざしを涵養した鬼質時代区分であり、日本の妖界のその後の進化の芯をかたちづくったと見て良い。

軍談紀(ぐんだんき) Gundan period

『太平記』(14c)などの軍記物語が多くしるされた頃。ここから分化して、野菜と魚が戦う『精進魚類物語』(14c?)や鳥たちが争う『鴉鷺合戦物語』(15c?)などもつくられている。

猿楽紀(さるがくき) Sarugaku period

説教、猿楽・能などが発達した頃。説教や能には幽霊がわりあい多く登場しており、画像方面(戯曲)でのあつかわれ方の形式がかたちづくられた。

軍談紀と呼応して、花たちが戦う『花軍』、果物たちが争う『菓争』などの曲もつくられている。

おとぎ紀(おとぎき) Otogi period

おとぎ世、はなし世の2つに細分が出来る。ここでの発達は徳川代にそのまま連結しており、猿楽紀と同様に以後拡大してゆく諸分野への画像成分には多大な影響を与えている。

おとぎ紀の作品は伝承・画像の両立が明確なものが多い。いっぽうで、ここまでの民間での伝承の様相がどのようなものであったかの正確な実態が把握できかねる事物が多くあり、どこまでが何も変哲のない一般的な知識や伝承で、どこから先が潤色や物語としての誇張や虚構と捉えられていた部分なのかの判別はやや難しい点も含んでいる。

●おとぎ世(おとぎせい) Otogian

絵巻物や奈良絵本など、お伽草子に類するもの。神、仏、鬼、天狗、動物、植物など多くのものが揃った頃。鬼や天狗の姿がほぼ固まった。 大江山の鬼退治を描いた『大江山絵詞』(14c)をはじめ、 付喪神百鬼夜行の絵巻物もこのあたりに発生しており「中絵巻紀」を設ける場合、このあたりが適当な時代にあたる。

●はなし世(はなしせい) Hanasian

昔話に留まらず、その時代の笑い話やふしぎな話を、広く語ったり集めたりした頃。

page ver.1 2018.1.11 妖怪仝友会